2006年01月11日

新春ドラマ「里見八犬伝」を観たよ

評価:★★★★

最後の最後にケンが飽きちゃったのが残念。
玉を持つ8人が揃うまでが好きだったみたい。最後も良かったのになぁ

てなわけで、里見八犬伝を二夜連続で秋田の実家で観ました。
昔観た真田さんや薬師丸さんがやった映画とはストーリーは違うようですが
(*管理人、原作は読んでおりません)
映画は結構好きだった(うろ覚えだけど)のでドラマも観ることに。
映画は夏木マリが悪役で妖艶で怖かったんだよなぁ。あと、志保美悦子が綺麗でかっこよかった・・・・筈。
真田浩之はこれで好きになった。ははは

んで、本題。
タッキー美少年だな。ちょっと前髪鬱陶しかったけど。
あらすじ
里見の殿様(長塚京三)に打ち首の刑に処せられた玉梓(菅野美穂)の呪いで里見は暗雲の日々が続く。
伏姫(仲間由紀恵)は玉梓の亡霊に呪いの犬の子をはらませられるが、伏姫は呪いを打ち払うかのように自害。
伏姫の腹から(数珠から?)八つの玉、「仁」「義」「礼」「智」「忠」「信」「孝」「悌」が飛び出し、その珠を持つ八犬士が誕生する。
バラバラになった八犬士が珠の導きによって(?)集まり里見にかけられた呪いを打ち払い平和を取り戻すお話

感想
菅野美穂が(・∀・)イイ!! ともさかも(・∀・)イイ!!
他の出演者の方々もとにかく豪華で(さすが正月ドラマ!)見応え有りました。
で、京本さんがまたまたツボ(笑)

八犬士もそれぞれに良かったんだけども、特に犬江親兵衛仁役の山下翔央が可愛かったなぁ
戦闘シーンもかっこよく、特にタッキーと押尾さんの決闘とか好きだった。
posted by 使い魔 at 12:09| Comment(6) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
これ家族でお菓子ボリボリ食いながら二日間みたよ。おもしろかったよね!!
あたしも子供の頃映画番見たんだよ。それで真田好きになった!!まったく一緒(爆)映画ポスター一年くらい部屋に貼ってたよw
そうそう、あの夏木マリすっごい怖かった。血の風呂だかか池に入ってたよね??菅野じゃちょっと迫力不足かと思ったけど あれはあれで良しだったねー。
あ。映画版でシンベエって真田ヒロユキだった気がするんだけど。。

てか 真田さんの映画見たいんだけど!!中国だかのやつ。
Posted by ままちん at 2006年01月14日 14:54
うん。面白かった。結構壮大だったし!
若者がイキイキしてたよね(若者て・・・・・_| ̄|○

シンベエだったか。そうかー。しのって名前ではないなぁとは思ってた(笑)

観たい!中国だかの!!(私も題名が・・・)
Posted by 使い魔 at 2006年01月14日 19:58
この前 おカアの友だちか今月いっぱいの
映画のただ券6枚もらったんだ。
(劇場発行のヤツね。したがって松戸のみ利用可)

だから真田さんの行きたいと思ったら
公開はマダ先だったのね・・。
ジャーヘッドも見たいのに公開2月だし・・。
SAYURIもMr.&Mrs.スミスもハリポタも見ちゃったし
松戸じゃ 今貰っても なんもないーー。
三丁目の夕日はやってるかなぁ。でもぴくりとも来ないんだよねw
Posted by ままちん at 2006年01月20日 10:45
うちにもタダ券(今月末まで・・・しかも平日限定)あるのよ。
だからバンバン観ようと思うんだけど、さゆりと三丁目と三谷のは観ようかと。

Mr.&Mrs.スミス面白かった?
なんかいまいちっぽくて行けてないんだけど。

ちゅうかさ、里見には大先生が出演してたよね(爆笑
Posted by 使い魔 at 2006年01月20日 22:53
うちは今日これから親子で「有頂天ホテル」by三谷見てくるよ。まりんのチョイスで。

「Mr.&Mrs.スミス」ストーリーはこんなもんかな・・・て感じのまとめだったなぁ。
ところどころのシーンもありがちで安っぽい気がしたけどラブコメだからアリなのかな。
アンジェの美しさとブラピ様の首筋には萌えたけどねぇ♡(あほ)
ハリウッドならでは(?)な凝ったセットは(ブラピとアンジェのアジトっつーか拠点)おもしろかったけどね。

そうそう。大先生 里見に出てたw!!
しかもキミ褒めてたねwま、演技してる分には本性は出ないからなwww
Posted by ままちん at 2006年01月22日 09:01
いいなぁ有頂天ホテル。うちの券は平日券だからさぁ。。。

ハリウッドぽいの最近観てない気がするから観ようかとも思ったんだけど
んーーー

>しかもキミ褒めてたね
えぇ。迂闊にも(爆笑)
いや。あの決闘シーンは良くなかった?
あの記事読んだ後だったら笑えただけかな・・・
Posted by 使い魔 at 2006年01月22日 17:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。