2006年02月19日

小早川伸木の恋 第六話

評価:★★★

妙子〜〜〜貴様もかっ!
寂しいのかもしれないけども、これもどうかと。。。

伸木の本気の浮気、妙子の寂しさを埋める(?)浮気って感じかなぁ。
ますますドロンドロンしてきました。

それぞれみんな自分に正直すぎなような。そんでもって自分に嘘つきまくっているというか・・・
観てるこっちもクタクタになるドラマだなぁ。でも来週も観ます〜

あらすじ
カナが居なくなった事で放心の伸木。院内では教授の考えと対立する。
心ここにあらずの伸木に浮気の疑いが晴れない妙子はカナに相談しようとするが、カナの姿は消えていた。
そんな時にアドバイスをくれたのは仁志だった。
「もっと外に目を向けたほうがいい」とのアドバイスどおり、帝東医大会計のパートをする事にした妙子は伸木のディスクからカナからのラブレターを発見してしまう。
妙子は怪我をしたテニスプレーヤーの潤と知り合い寂しさを埋めるように仲良くなって行く。
潤と妙子はデートすることになった。それを知った伸木は食事に同行する事にした。
自分を止めて欲しかった妙子だが、伸木が来ない事でやけになり潤と関係を持ってしまう。
伸木はカナの居所を知り、妙子よりカナを優先してしまったのだった。
その後別れを告げられた潤は病院へ乗り込んでくる。そして伸木は妙子の浮気を知る。
仁志は自分がカナを幸せにすると、カナの元へ。
posted by 使い魔 at 10:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。