2006年03月12日

天は赤い河のほとり

評価:★★★★☆

これははまったし、友人もはめた。
天は赤い河のほとり全28巻
aka.jpg
著者名 篠原千絵  本出版社名 小学館

20世紀から、古代ヒッタイト帝国に紛れ込んでしまった中3の普通の女の子 夕梨(ゆうり)が繰り広げる壮大な歴史ロマン

お互いに好きなのになかなかくっつかないのがじれったいんだけど、面白い。
カイルの
我慢強さには頭が下がります(爆笑)
14巻で日本に戻る事を辞めてカイルと同じ時代に生きる覚悟を決め、やっと一緒になる二人を心から祝福。
皇太后は不幸せな人だったかもしれないけど、やりすぎた殺戮の最後の結末がにんともかんとも。。。。

話が面白いので、少女漫画の絵が苦手って人もはまれるみたい。
ママ友達に貸したら旦那さん達もはまってたもんなぁ。

前にコミックバトンで記事にしたのだけども、漫画カテゴリにも残しときたいな・・・と思って書いてみた。
posted by 使い魔 at 18:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/14704963
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。