2006年04月24日

勇午(1〜12巻)

評価:★★★★

07789670.jpg

交渉人(ネゴシエータ)・別府勇午の活躍を描く漫画
この漫画との出会いは
俳優・萩野崇さんが主人公勇午の声優をやったから。

まずアニメを鑑賞(パキスタン編ロシア編)
拷問シーンで萩野さんの喘ぎ声を堪能しました(爆)

面白かったので友人に12巻まで借りて今度は漫画を読みました。
これ12巻で終わりな訳じゃないです。私が12巻までしか読んでないだけで。

コレ凄いんです。何が凄いって拷問が。
えぇ?これで生きてられるの??みたいな数々の拷問がみれます。
まず相手方への接触だけでかなり大変で
必ず拷問されるんだけどもwそれに打ち勝つ精神力が凄すぎ。
勇午かっこよすぎ。マゾの真髄を極めてます(いや、まぢでw)
posted by 使い魔 at 11:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/16977251
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。