2012年05月31日

英国王のスピーチ

supi.jpg評価:★★★☆

ブラックスワンと劇場でどっち観るか悩んで
こっちはレンタルで観た。
正解だと思った。
ブラックスワンは大画面で観て「お〜」となりたい映画だったけど
英国王のはテレビで充分楽しめると思ったから。
実話の映画化、観始めてコレ映画にして大丈夫なの?と少し思ったけど
観終わった後、気分が良かった。

あらすじ
吃音症のためにまともなスピーチが出来ない王子の為に
王室内で様々な専門家の治療をしていたが改善されずにいた。
エリザベス妃はそんな王子の為に
身分を偽り言語聴覚士ローグの民間のみすぼらしいオフィスを訪れた。
無認可のローグにスピーチの仕方を習う。
王子のスピーチは成功するのか?

感想
スピーチが物凄く重要な役割を持つ時代というか
お国柄の背景というか・・・・ちょっと理解しがたい部分はあるけど
プレッシャーとかお兄さんとの関係とか
王室も大変だなぁと思ったよ。
癇癪もちでプライドも高く吃音症な王子、でも愛妻家で子煩悩で国を思う王子
どうにも王子があまりに癇癪もちで、魅力的じゃないのが残念なところ。
勿論、脚色はされてるだろうケドも。
posted by 使い魔 at 11:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/272790530
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。