2005年07月16日

はまったのに最後までたどり着かなかった漫画

最近、昔読んだコミックを振り返ってるんですが
コレ・・・はまったのに最後まで読めなかったんです。
忙しくなって漫画から遠ざかった時だったのか、話が「ん?」と思ったのか、新刊まで待てなかったのか・・・理由は忘れちゃったんですけど
すっごい面白かったのに途中でやめちゃったんだよなー。>金続かなかっただけかも
機会があったら最後まで読んでみようと思ってます。

それはコレ 東京大学物語とGOLDEN BOY 
2作品共に 評価:★★★★

07690525.jpg 07000302.jpg 

著者名 : 江川達也  
東京大学物語 本出版社名:小学館  GOLDEN BOY 本出版社名:集英社

「まじかるタルルートくん」の著者:江口達也氏の漫画

東京大学物語で特に好きだった巻は3巻(だったかなぁ)教室で初めてのB(って今Bで通じるの?)が、物凄く燃えたっていうか萌えたハートたち(複数ハート)
江口氏って男の人なのになんで女の子のそうゆう状態(どうゆう?w)・・・わかるの??
あの電気が走ってる描写とか・・・
はるかちゃん可愛いんだなぁーこれが。

GOLDEN BOYは初めて女の人に触れる・・あの洞窟のとこがまず非常に(・∀・)イイ!!っす。
年上のお姉さんに手取り足取り・・・ウヒヒヒヒー(馬鹿です)
もうなんつーの。錦ちゃんに会ってみたい!!

ってことで
二作品ともメチャおもしろい&エロいです。描写が綺麗で嫌悪感なく読めます。>私が持ってた巻までは(その後はわかんないけど)
単行本持ってたのは全部あげちゃったんだけど、いずれ・・・読もう。
posted by 使い魔 at 00:32| Comment(0) | TrackBack(1) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

GOLDEN BOY
Excerpt: 最後がすごい漫画。 初めの方はあまり面白くないなあと思っていたのですが、途中から...
Weblog: アキラの書評
Tracked: 2006-01-20 00:06
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。