2005年07月22日

破裂(゚Д゚;

二人目を妊娠してる頃の私の唯一の楽しみは、ゆっくり一人でお風呂に入る事でした。
その日も息子ケンケンは北七(旦那)とお風呂に入ってくれて、
二人が出た後、私はユックリ湯船に。のほほんまったりタイムです。

そんな中、耳に飛び込んできたのは、ケンケンと北七二人の今まで聴いたことがないような悲鳴

??????

恐る恐る風呂から出ると、耳から血を出して真っ赤な顔ちっ(怒った顔)で泣き暴れているケンと
それを真っ青な顔がく〜(落胆した顔)で見ている北七の姿でした。
私「何??何??ちょっ・・・どうしたの???」

さて、何があったのかと言うと
風呂上り、綿棒で耳掃除を始めた北七を見てケンがやりたがったので、綿棒を渡したんだそうです。まだ小さい息子に!(怒むかっ(怒り)
ケンは何を思ったか耳に綿棒を突っ込んだ状態でベットに横っ飛びして、耳に綿棒が刺さって血が・・・・・・ΣΣ┏(|||`□´|||;;)┓
 
全員風呂上りの素っ裸の状態で救急車に電話

で、服着てない事に気付き慌てて服を着て、救急車を玄関前で待ちました。
救急車と・・・なぜか消防車まで到着。
野次馬ゾロゾロ・・・・

病院までに泣き疲れて眠るケンケン。診察が始まりました・・・先生「あーーー。鼓膜破裂してますね・・・・」
え??破裂??破裂?破裂なのーー??ΣΣ┏(|||`□´|||;;)┓

先生「幸い三半神経の方までは到達してない様子だけれど、多分手術になると思います」
・・・・・まじでぇ〜〜〜もうやだ〜(悲しい顔)

普通鼓膜が破れても、破裂ではなく穴が開く程度なそうなのですが、力いっぱい刺しちゃった事で破裂どんっ(衝撃)
この場合は穴が最後まで完全にふさがるのは難しいそうで、お尻の皮膚を移植する手術を勧められました(号泣)
綿棒が途中で折れたおかげで奥まではいかなかったのは良かったのですが。。。

とにかく「血がなくなって鼓膜が少し戻って来てから手術しましょう・・・」と、いう事になって
なんとか治る方法があるかも知れないと思って別の病院にも2軒程行きましたが、結果は同じでしたヽ(`Д´)ノウワァァン!!

約半月後、覚悟を決めて病院に。

先生「あれ??どっちの耳だっけ??」
  「あれ〜〜〜スゴイ!!治ってる!!塞がってますよ!お母さん!!」
きゃぁ〜〜〜〜〜〜〜〜〜奇跡?脅威の回復力!!
聴力は元々の鼓膜の状態よりは確実に落ちただろうけれど、後遺症もなく全快しました。

本当に小さい子って何するかわからない(滝汗)
そして、小さい子の回復力ってスゲー!!

因みに、北七は目の前でちだらけになった息子を見てから食べれなくなって
初めて胃痛の苦しみを味わっていましたとさ。
posted by 使い魔 at 15:47| Comment(4) | TrackBack(0) | 我が家の事件簿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ひいいいい〜。
なんで横っ飛びしっちゃったんだろうねえ。。
自然回復してよかったねえ。これで後遺症あったら悲劇だもんねえ。。

うちも気をつけよ。。。まだまだ油断できないわ。(大人でも無意識にしちゃったりして。。)
Posted by yyuu at 2005年07月24日 21:19
凄いでしょう(汗)
本当になんで横っ飛び・・・・壁 |дT)o エーン

こんな大事件が多いのよ。親としてイカンわな。

>大人でも
そうそう、たまに突いちゃって痛かったりするよね。破裂はさすがにしないけどー
Posted by 使い魔 at 2005年07月25日 10:53
今日はお願いに上がりました!
巷で流行ってる育児バトン。。
うちにもやって来たので次をお願いできるかなぁ?
無理だったら断ってもらっても全然OKだけど
よろしくお願いします
Posted by jun at 2005年07月26日 21:37
OKでぇす。
やってみましたよーー
Posted by 使い魔 at 2005年07月27日 10:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。