2005年01月13日

テレビでやってたのでAIを観た

評価:★★★
監督/スティーヴン・スピルバーグ

絶対泣けるだろうと思って観たこの映画。
せつなすぎて泣けなかった。
なんだろう、観てて腹が立ってしまってなぁ・・・・

ディビットが感情を初めて得た高性能ロボット・・・と言う事だけれど、テディテディにも感情があるように思ってしまった。
スタンリーキューブリックが映画化していたとしたら、もっと残忍で狂気じみた映像になっていたのだろうか。。。。
人間のエゴが全面にあるこの映画。子供を持つ親なら泣ける!みたいな前評判はあてにならないな、と思った。
母親の愛情をただただひたすら思い続けるディビットが怖かった。
だいたい子供の代わりなんて作れない。作れても要らない。
ディビットを置き去りにした後のモニカの人生はどんなものだったのだろう。>考えただけでゾッとする。

悪い感想ばかりになってるかも(〃゚д゚;A アセアセ…
ジゴロロボット役の人の演技は素晴らしくいい。ハーレイ君も良かった。シックスセンスも観てみたいと思った。
映像美は素晴らしく、引き込まれる。

あらすじ
故スタンリー・キューブリックが長年温めてきた企画をスティーヴン・スピルバーグ監督が映画化したSF人間ドラマ。近未来。人々の周りには彼らをサポートするために造られたロボットがあふれていた。外見は人間と変わらないロボットたちだが、唯一、感情だけが欠けていた。しかしある時、不治の病にかかった少年の代わりに夫婦に与えられた子供のロボットに、実験的に愛をプログラムする試みが初めて行われた。少年は夫婦の愛情に包まれ生活を送るのだったが……。
posted by 使い魔 at 12:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ティラミス

評価:★★★☆(裏評価:★★★★☆)
監督/ダンテ・ラム

前作に引き続き、吹き替えを萩野さんが担当するという事で鑑賞。
すっかりニコラス君のファンになってたってのも有るんですが、とても楽しみで期待してました。
ほとんど前情報を入れず、純愛ラブストーリーだと思って観始めたので、まさかゴーストとの恋愛だとは・・・(〃゚д゚;A アセアセ…
ニコラス君の声=萩野さん本当にバッチリです。(裏評価は萩野さんが声をあててるから上がってる評価w)甘く甘くひたすらあま〜〜い恋のお話。

で、またまた盛りだくさんの内容でして飽きません。ダンスや乗馬が初めてとは思えないんですよ。うん。香港版「ゴースト」って感じでした。
けどね・・・・ダンスシーンでは笑っちゃってわーい(嬉しい顔)
あのですね、ヒロイン:ジェーンの親友ティナ役のキャンディーローがどうもマルシアに見えちゃって、新春かくし芸大会を見ているような気分になっちゃうんですよ(爆)

ゴキブリ苦手なところがツボです。可愛い・・・ニコラス君

で、特典映像に未公開シーンがあって、もう一つのエンディングが観れます。キャンディーを2人で食べるとこはキーヤー!!ハズかしい〜〜と赤面してしまいます。
こっちのラストの方がスキなんだけど。。。

あらすじ
聴覚を失っている郵便配達員の青年コウとダンサーを目指すジェーンは出会い、恋に落ちる。 だが、次に再会を果たした時、ダンスオーディションの最終選考を目前に控えた彼女は不慮の事故によりゴーストとなっていた…。 ファンタジック・ラブストーリー。 
posted by 使い魔 at 11:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トランサー -霊幻警察-

評価:★★★★(裏評価:★★★★★)
監督:ウィルソン・イップ

先日ティラミスを観たので、まずこっちを書かないと!と言う事で今回はトランサー。
洋画はいつも字幕で観る私。
実は香港映画は表現が大袈裟すぎる気がして、日本人と容姿が似てるのに言語がキツク感じてしまうからなのか、ちょっと毛嫌いしていました。
トランサーを観るキッカケになったのが、吹き替えを萩野崇さんがやったから。
で、吹き替え版で観たらすっごい良かった!!!
その後字幕で観ても違和感がなくなったのは言うまでも無いっす。(食わず嫌いならぬ、観ず嫌いってやつでした。)
裏評価があるのは萩野さんの声だって事であがった評価ですw
ちょっと私的に残念だったのが、松田君の声はちょっと甘すぎて合わない様な気がしてしまったんだよなぁ

で、この映画すごいです。ナニがスゴイって恋愛有、友情有、アクション有、などなどなんでも有です。見応え有ります。飽きません。
香港映画ってみんなこうなの?
この映画で知ったニコラス・ツェーがこれがまたかっこいいんです。で、目が可愛い。
コートをバサッとするのとか、いいですよー。シビレます(←アホ)

あらすじ
悪霊によって起こる不可解な事件を解決する香港警察“2002”は、人間と幽霊が一組になり事件にあたっていく特殊部門。
生まれながらに霊感が強いが孤独の星の下に生まれた主人公ヤウは、自分と心を通わせた人間が死ぬ運命であることにいつも悩みながら任務遂行していく。
そして新たな友情と愛に向き合った時、その運命と戦わざるをえなくなる。
posted by 使い魔 at 10:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スパイダーマン2

評価:★★★★☆(ちなみにスパイダーマン=評価:★★★★★)

まず必見なのが編集長。漫画とソックリです。>とは書いてるもののシッカリ読んでませんが(汗)
アクションシーンは1を観た時の感動そのままで、とても(・∀・)イイ。
電車を止めた後の電車内でのやり取りはう・・・ん・・・私的には微妙

能力が消えかかったりする部分ではめっちゃハラハラする。
コレ、もちろん3ありますよね?ピーターがスパイディだと解かってからのハリーとのこの後の関係が気になります。
ハリーはゴブリン2になってしまうのでしょうか。

あらすじ
特殊な蜘蛛に刺されてから、すごい能力を身に付けたピーターパーカーはスパイダーマンである。
しかし、スパイダーマンで居る限り恋も仕事も勉強も中途半端になってしまう。
スパイダーマンとして生きていくと決めた時にピーターはMJへの想いを断ち切ったのだが、スパイダーマンを止めれば普通の人間に戻れば・・・・と迷う。
一方MJは、すれ違うばかりに恋をあきらめ、別の人との結婚を決意する。婚約発表の場にはピーターの姿もあった。激しく揺れるピーターの心。
ヒーローという運命に翻弄されるこの恋の行方はどうなるのか?
前作で、スパイダーマンに敗れたグリーン・ゴブリンは、親友・ハリーの父だった。
スパイダーマンがピーターだと知らずに、ハリーは憎しみを燃やし続けている。
現在、父の会社で働く彼は、プロジェクトに失敗。希望を失い、残されたのはスパイダーマンへの復讐だけとなった。運命は、2人の友情を憎しみへと変えてしまうのか?
posted by 使い魔 at 10:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月10日

「未来は今」を観た

評価:★★★☆
製作: 1994年 米
監督: ジョエル・コーエン/サム・ライミ

まったくなんの前情報もなく、なんとなく観始めた映画だったが、おもしろかった。
コメディ満載の娯楽映画。
フラフープを初めて手にした男の子の上手い事上手い事(爆)
アメリカンドリームを手にするノーヴィル、登るのは大変だが落ちるのは一瞬・・・・って本当に44階から落ちます(笑)
のし上がって傲慢になる、そしてその後の挫折など、見てて爽快なほどうまく描かれてます。
で、ポール・ニューマンの天使にも笑いました。

あらすじ
ニューヨーク、ハッドサッカー産業はデクの坊を社長の座に据えて会社の評価を落とし、株が底値になったところで重役たちで買い占める作戦を立てた。
ノーヴィルの天性の間抜けぶりに目をつけたマスバーガーは、彼を傀儡社長に据える。
正体不明の新社長出現に、敏腕女性新聞記者のエイミーは陰謀の臭いを嗅ぎつけ、取材に乗り出す。
彼と接触し同郷人だと偽って秘書になった彼女は、「新社長は無能」と記事を書く。
株価はマスバーガーの思惑通りに下がり始めるが、真相を知ったエイミーは良心の呵責を感じるようになる。
その後「わっか」の成功で株価は上昇、しかし重役も黙っては居ない。スキャンダルの罠!エイミーとの仲は?ノーヴェルはどうなるのか?
posted by 使い魔 at 17:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月09日

パイレーツオブカリビアン

ずっと観たかったこの映画、やっとこさ観れました。
評価★★★★☆

パイレーツオブカリビアン/呪われた海賊たち(PIRATES OF THE CARIBBEAN:THE CURSE OF THE BLACK PEARL)
監督 : ゴア・ヴァービンスキー

みんながジョニー様〜ハートたち(複数ハート)(ポワン)となるのわかります。
えぇ。もちろん私もすっかりジョニーディップ好きでーあります。
「ハウルの動く城」を、もし実写版でやる事になったら絶対ハウル役はジョニーディップがいい!!
ハウル=キャプテン・スパロウって通じるものがあると思うのは私だけでしょうか・・・。
とにかく、キャプテン・スパロウはまりすぎ!っていうか、彼じゃなきゃ駄目(断言)
つか、演技うまー。しかもかっこいいし
ジョニーディップの事ばかり書いてしまいましたが、バルバロッサにしてもエリザベスにしてもウィルにしても(・∀・)イイ

で、評価が高い理由にはもう一つあって昨年ハロウィン時期に丁度東京DLに行って「カリブの海賊」に乗ったんだよね。乗っておいてヨカッタァ。

あらすじ
18世紀のカリブ海。海賊達が活躍した時代。
海賊達の呪いを解く最後の一枚のメダルをもっていた、総督の娘エリザベスがさらわれてしまった。彼女を愛する青年ウィルは、一匹狼の海賊ジャックとともに救出に向かう!
posted by 使い魔 at 19:53| Comment(5) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブラックキャデラック

評価:★☆

ブラック・キャデラック(BLACK CADILLAC)
ランディ・クェイド 2002年 アメリカ

じいちゃんが観てたので便乗して鑑賞。
走り屋にはうけるんじゃないでしょうか、この映画。
雪道をあんなスピードで走るってとこが見所な感じ(爆)地味だけど。

2002年制作って事だけど、もっとすごく古い感じがする。。。
夜道に逃げ惑うので、とにかく暗い。画面いつも黒。
そんでもって追いかけてくるキャデラックも黒。
ストーリーにもキャラにも感情移入出来ないが、なんとなくハラハラしながら最後まで観たという感じ。
劇場公開されてないってのはうなずける。

あらすじ
不気味な黒いキャデラックに追撃され、必死で逃げ惑う三人の恐怖を描いたサイコ・スリラー。出演はランディ・クェイド、シェイン・ジョンソン、ジェイソン・ドーリングほか。
posted by 使い魔 at 18:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月22日

ポーラーエキスプレス観てきましたー

評価:★★★☆

ハリポタDVDに割引券が入ってた&映画のタダ券が二枚あったので、最初は旦那とターミナル観に行こうと思ってたのを急きょ変更して行ってきましたわーい(嬉しい顔)

実はあんまり期待してなかったんです。
yyuuさんの日記に「息子さんが「こわい〜、こわい〜」とうるさかった」とあったので、うちのお子達大丈夫かナァ・・・とも思ってちょっと心配してました。(yyuuさんの日記よりTB)

観たらこれが結構良かった
画像の壮大感は最近見た中で一番かも?!子供たちに興味深々な内容で飽きさせない作り。
yyuuさんの息子さんの言う怖いってのは理解出来ました。
だってCGで人物ってちょっと不気味なんだもん。謎の男も怖いし。
で、エピソードが不思議で怖いんだよね。(苦笑)でもうちのお子達は大丈夫でした。

唐沢さんの吹き替えとっても良かったです。(吹き替えを観ました)
で、ここからネタバレあり
続きを読む
posted by 使い魔 at 13:22| Comment(4) | TrackBack(3) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハリーポッターとアズガバンの囚人DVD購入

評価:★★★☆

劇場で観る事が出来なくて、DVDを購入しました。やっと観れましたハリポタ!!

小説は小説、映画は映画で別物なんだ!!と思って観ないといけないってのは頭ではわかってても、どうしても自分の中の想像と違う部分で違和感を感じてしまうもうやだ〜(悲しい顔)
でも、何度か観るうちに別物だからこれはこれで楽しい!やぱりいいなこの映画、となるような気はするんだけど、前作がそうだったからね・・・

映画は短く縮めないといけないし、エピソードが変わってたりっていう部分はOKなんだけど、リーマスやシリウスに思い入れが強い分、配役に不満が。。。
リーマスはもっと細身のやつれた感じの人が良かったし、ブラックは美男子が痩せこけた感じで特にあの一番大事な場面でドタバタと動き回って欲しくなかったのです(贅沢だね・・・私)

ディメンターやバックビークは想像どおりっていうか、すっごい良かった!
こころんはバックビーツに乗ってみたい!!と大興奮でした。
ナイトバスもなかなかに良かったし怪物の本はケンケンのハートをとらえてましたし、
観終わった後「エクスペクトパトローナム」の呪文をずっと2人で唱えてましたわーい(嬉しい顔)
インクレディブルが言えないこころん(ピンクデビルと言うのw)
よくこれは言えるナァ・・・と感心してしまった。

ただ、どうしてもこれだけは!!っていう部分が
続きを読む
posted by 使い魔 at 12:35| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Mr.インクレディブル観てきました〜

評価:★★★★★

今回は保護者の皆さん!
ぜひぜひ一緒に観るのをオススメしますよ〜☆となべママさんも書いてましたが本当そのとおり!!(ぢもてぃブログからTB)
これは家族で観るべき!おすすめ映画です!
とにかくおもしろいんだ、これが!!観た後スッキリ!だしグッド(上向き矢印)ハートたち(複数ハート)

前に何の映画だったかなぁ、ニモかな。観た時に劇場CM見たのですよ。
その宣伝の場面も本編にあるのかと思ってたら、アレって宣伝用だけの映像だったみたい。
太っちゃってなかなかベルトが閉まらないっていうのだったんだけど、ソレ観て大笑いしてて、絶対映画観ようと思っていたインクレディブル。
もう声出して噴出して笑っちゃう箇所いっぱい。
ありえない超人ぶりにワクワクします。
これ、絶対DVD買うわ、私。
この先ちょいとネタバレ有りです
続きを読む
posted by 使い魔 at 12:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハウル観てきました〜

評価:★★★★

(・∀・)イイ!!とにかくハウルがかっこいい〜〜〜!!私も魔法使ってみたい!(無理だってばw)
ソフィーは最初・・・・え?声低すぎない??もっと可愛い声ならいいのになぁなんて思っちゃったんですが、どんどん違和感なくなていきました。junさんもそう書いてたよね(junさんちからTB)
まったく同意見でした。

で、絶対原作読もう〜と思いました。
出てくるすべてのキャラが魅力的で、宮崎駿ワールドに引き込まれていきます。

ここからちょいネタバレ
続きを読む
posted by 使い魔 at 11:24| Comment(3) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。