2006年05月26日

雪組 ベルサイユのバラ〜オスカル編 楽日公演

宝塚公演は高校の修学旅行に宝塚で観て以来で今回が2回目。
一回目はよく知らない話だったので本編はボーーーーと観てました。
最後のラインダンスはとにかくすっごくて覚醒目
フリルやレースの世界とは無縁だった私でも物凄く惹かれました。

高校を卒業し上京・・・私には東京での姉というか母?の様に慕う存在になった友人が出来ました。
その友人の娘さんが、その頃丁度宝塚を目指していて
音楽学校の文化祭を一度観に行きました。
キラキラしててフレッシュで絶対合格して欲しい!と願っていたら
見事合格 宝ジェンヌにかわいい
絶対在団中に何回でも観に行くぞ!と鼻息荒く思ってたのに
自分が結婚して東京を離れたり、子育てに追われたりで(今も継続中だけどもw
スッカリ行けなくなってました。

「娘が今度の公演で退団します」との連絡が入り、今回こそは絶対何が何でも行きたい!!と。

んなわけで、子供たちを友人に預けて行って来ました東京宝塚劇場ぴかぴか(新しい)
berubara.jpg
んもう観劇に感激したってば(だじゃれ・・・苦笑

とりあえず宝塚劇場前でチケットを受け渡しの約束をしていたので
3時頃に会場へ
近くの店を回ったら宝塚のプロマイドとか売ってる店があったりで、なんか別世界!
借りてきた猫状態・・・というか、スッカリおのぼりさん状態でチケットを受け取り中へ入りました
serebu.jpg
中もなんかゴージャスぅ

席は二階のど真ん中。
吹奏楽の生の音楽が
続きを読む
posted by 使い魔 at 18:09| Comment(5) | TrackBack(0) | 観劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月19日

WEL-COME to パラダイスを観てきました

評価:★★★☆

先週土曜に観劇してきました。
performance_img_2.jpg
本日が楽日で当日券もあるようなので、気になる方は行ってみてはいかがでしょうか。詳しくはこちら(公式)

舞網(マイアミ)市は常夏で知られる別荘地(海も近い)地元の人々はこの地をマイアミパラダイスと呼ぶ。そのマイアミパラダイスで繰り広げられるワンシチュエーションコメディ。

クスッとした笑いやほろっとさせる場面もあり楽しめました。
特にドク(萩野崇さん)の可愛さが満天です。
モトさんが出ているし、大笑い出来る舞台なのかと思ってら結構しんみりしてました。
ちょっとダラダラと長い感があったのが残念。
同じたいしゅう小説家さんの舞台で言えば、話的には以前観た「コトブキ!」の方が好みでしたが、これはこれでほんわかしていて良かったと思いますー

劇始まる前と観劇後のロビーで3人組みの演奏があって、そうゆうのもなかなかいい演出だなぁと思いました。
posted by 使い魔 at 11:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 観劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。