2007年03月17日

ぼく、オタリーマン

発売日16日なのに、17日に到着とはコレ如何に(゚Д゚;
セブンよシッカリしてくれ
で、待ちきれず行ったら届いてたので(*ノ▽ノ*)さっき(0:30頃)買ってキタよ〜

評価:★★★★☆

otacover-kakutei2.jpg
その名も
「 ぼく、オタリーマン。 」
このネーミングどうなのよ(゚Д゚;

私のお気に入り立ち寄りサイト
http://dancom.jp/
ダンシングカンパニヰのよしたにさんの本

サイトを知ったきっかけは

続きを読む
posted by 使い魔 at 02:45| Comment(2) | TrackBack(0) | 絵本・本・小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月02日

なっちゃうかもよ

評価:★★★★☆

kao.jpg 著者/ 斎藤多加子作

まるでマギー審司のこんなんなっちゃった!みたいなww絵本です

〜〜をしていたら〜〜になっちゃうかもよ? でも楽しいんだよね・・・って感じで、
なっちゃうかもしれないけど気持ちはわかる!みたいな表現で、
粘土細工の子どもが凄いデフォルメされるので
ちょっとグロこわかったりもするんだけど、有りえないデフォルメなので笑えるのだ。
うちのお子は引き付けられてました

子ども達の反応が良かったので、今度幼稚園の読み聞かせに読もうかなぁと思ったりしてます。
10月読み聞かせ担当なのでした。
posted by 使い魔 at 11:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 絵本・本・小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月26日

佐賀のがばいばあちゃん

評価:★★★★★
31313920.jpg島田洋七/著

旦那が読んで面白かった!と、夏休み前から息子に読み聞かせをしてくれた本
横で聞いていた私ものめりこんだ。
結局ケンは、読み返したりしてこの本を読書感想文に書いたよ。

まず最初のページから思わず噴出した。
次が気になり一気に読める。
電車で読むのは危険かも。
だって笑えるだけでなく・・・泣けるんだもの。
母への気持ちとか、子どもの気持ちとか、生き方についてとか・・・
本当の優しさなどなどココロにストレートに響きます。
お勧めです。

で、今知ったんだけど(遅っ)この話って映画にもなったのね(゚Д゚;
なので、あらすじは公式↑に飛ぶと良さ気ですw
posted by 使い魔 at 22:28| Comment(0) | TrackBack(1) | 絵本・本・小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月31日

魔法使いハウルと火の悪魔

評価:★★★★

hauru.jpg
ダイアナ・ウィン・ジョーンズ/作 西村醇子/訳

以前劇場でハウルを観て、原作を読みたくなって購入していたのに
本棚の肥やしに(苦笑
で、つい最近テレビでハウルが放送されたのを観て、引っ張り出して読みました。
読み始めたら止まらなくなって、一気に読み終えたよ。
その後も2度ほど読んだのだけど面白かった。

原作と映画だとかなり違っていて
けれども基本になる部分は変わって無い感じがしたなぁ。
原作2作目のアブダラと空飛ぶ絨毯も読みたくなりました(連載物好き)

続きを読む
posted by 使い魔 at 01:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 絵本・本・小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月08日

しろねこしろちゃん

評価:★★★★

31500320.jpg
森佐智子/文 Maya Maxx/絵 、福音館書店

途中で内容は想像つくんだけども
なんか絵が独特だし
話も読みやすくて(理解しやすいし)好き。

仲間はずれみたいな気がして寂しくて悲しいしろちゃんが
続きを読む
posted by 使い魔 at 21:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 絵本・本・小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月05日

子どもが育つ魔法の言葉

評価:★★★★★

俗に言う”育児本”というものに、なぜか嫌悪感を持っていた私。
それは自分の子育てが間違っていると感じたくないからなのか、
人から叱られる気分になる事への恐怖なのか・・・
本になんか自分の気持ちがわかってたまるか!という想いだったのか。
そんな本見たって・・・・と投げ出してたのかも。

kodomo.jpg
ドロシー・ロー・ノルト/著 レイチャル・ハリス/著 石井千春/訳

有名な本らしいので、見た事がある人も多いと思うけれど
私がこの本を手にしたキッカケは旦那(北七)からのプレゼントでした。

北七とは育児の話をよくするのだけど
毎日北七より大半の時間を子ども達と過ごしている私にとって
北七からの言葉を素直に受け入れたくない気持ちが芽生えてしまい
どうしてもぶつかってしまっていた。
そこで続きを読む
posted by 使い魔 at 19:33| Comment(2) | TrackBack(0) | 絵本・本・小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月27日

ごろりん ごろん ころろろろ

評価:★★★★☆

koro.jpg
香山美子/作 柿本幸造/絵

とにかく絵がめちゃめちゃ可愛い
コレ、シリーズ化してるらしい。(やっぱりなぁ)
娘が幼稚園から借りてきた絵本。
絶対絵に惹かれたんだろうな・・・あ。題名かもw

こちらも、けばけば同様嬉しい顔見たさに行動するんだけど
続きを読む
posted by 使い魔 at 18:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 絵本・本・小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

けばけば

評価:★★★★

keba2.jpg
きたがわゆうじん/ぶん むらかみたかし/え

無償の愛・・・・かなぁ
絵は可愛くて、どうなるんだろ?と引き込まれる。
んでこのお話、ちょっと切ないのだ。

読んでた時はまったく気付かなかったのだけど、
ゆずの北川さんと、村上隆さんのコラボ絵本でした。
posted by 使い魔 at 18:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 絵本・本・小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月11日

あんぱんまんシリーズ

評価:★★★★

あんぱんまんの絵本は突っ込みどころ満載でかなり面白い

senntaku.jpg
これなんて顔を洗濯機で洗われてますよww

あんぱんまん「バタコ」とか呼び捨てだったりw
カレーパンマンの身体借りたりw

面白いなぁ。あんぱんまん
posted by 使い魔 at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 絵本・本・小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月27日

大好きな絵本

お勧め度:★★★★★

06235354.jpg 00082509.jpg
はらぺこあおむし しろくまちゃんのホットケーキ

どちらも大好きです。
読んだ後なんか甘い物食べたくなったりして(ウフフ
ぽたぁ〜んどろどろピチピチ・・・・の部分はもう暗記しちゃいました。(読み聞かせすぎ?
はらぺこあおむしはお腹が痛くなったあおむしを心配する我が子に、キューンとなったりしました(始めて読んだ時)
posted by 使い魔 at 10:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 絵本・本・小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月26日

頂いた絵本

二冊ともに お勧め度:★★★★★

00082208.jpg
わたしのワンピース

昔からある絵本らしいのですが、私は知りませんでした。
こころんは知ってました(゚Д゚; どうも保育園で読んで貰っていたみたい。

で、コレ もの凄く可愛いの。
毎回読み終わると暫く「ララランロロロン」と口ずさんでいる私なのでした。

北海道の親戚のおばさんが本が大好きな方でケンとこころんに一冊づつ本をくれたのです。

18730860.jpg
ミッケ!

これはケンが貰った方の絵本。これはシリーズ化してますよね。
あれはどこだ?これはどこだ?と質問して時間を潰せるので、よく病院なんかに置いてますが、これもとても好きです。
一緒にムキになってさがしてみたりw
posted by 使い魔 at 21:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 絵本・本・小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月24日

大阪弁の絵本

お勧め度:★★★★

奈良出身の友人から頂いた絵本です
01161481.jpg
ぼちぼちいこか

ぼちぼちいこかって気分になれます。
私の大阪弁が可笑しいらしく、毎回読んであげるたびに爆笑されます
まぁ話も面白いから(?)なのですが。
posted by 使い魔 at 01:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 絵本・本・小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

読み聞かせ絵本

お勧め度:★★★★

夫婦で気に入って購入した絵本
30476658.jpg 19912074.jpg
ママおやすみ  パパおやすみ

短編集です。挿絵も物凄く可愛いです。
ただ値段がお高いのよね・・・・・ふらふら
posted by 使い魔 at 01:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 絵本・本・小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。